FC2ブログ
2015_05
26
(Tue)03:49

しっぽちゃんとの別れ

こんばんは。

毎度深夜の更新でございます。

昨日、しっぽ切れちゃんが、知り合いに引き取られていきました。
兄弟の中でいつの間にか一番のチビになっていました。
昨日、体重を測ったときには37g
そして食べるのも遅い。
でも、しっぽ切れちゃっても、元気に回し車回して、たくさん食べてくれました。

一番懐いていた子でもあったので寂しいです。
手で寝たりしてくれました。
新しい飼い主さんのところで幸せに暮らしてくれたらそれでいいです。
るぅちゃんみたいにおっきなブルーちゃんになってくれたらいいなあ。



さてさて、
きぃちゃんは換毛ラインが出ていて、もーどんどん毛が抜けて行っています。
しかし、おいちとるぅちゃんは特に変化なしです。
こういうのも個体差なんですかね?
おいちは冬になるときにラインが出ていたような気がしましたが
るぅちゃんの毛が落ちているところは見ませんね。
ブルーだから見落としてるのかな?

そして私はイネ花粉にやられつつあります。
私のアレルギー反応がひどいほど
デグーたちの食いつきがいいという。。。

困ったものです。
スポンサーサイト
2015_05
16
(Sat)02:42

ちびちゃんの尻尾

こんばんは。

毎回毎回深夜の更新である。

昨夜、もう寝たかな?とケージをのぞいたところ、

メスケージにいる一匹のちびちゃんの尻尾が真っ赤に!!!!

尻尾の3分の2くらいは真っ赤になっていました。

え?え?なんで??いつのまに?とくに変わった悲鳴は聞こえなかったはず…
本人は普通に動いたり食べたりしているし、、、
どうやら尻尾の皮がむけてしまったようです。

とりあえず怪我してるちびを取り出し、他の子たちと隔離。
ケージは血がついていたので掃除。
ずるむけた皮部分を探すも見つからず。。。

まあ、あとから扉にひっついていたのを見つけたのですが
どうやら私が扉を閉める際に尻尾をはさませてしまったようです。

ごめんね、ごめんねと謝りつつ、深夜だったので
とにかく朝になったら病院へ行かなければと思いつつ
汚れた尻尾を水で洗ったり、ペレットやおやつを食べさせて栄養補給させ
ヒーターで暖めてやりました。


そして病院へ。
まだ体が小さいのでレーダーで切断せずに、そのうち自然に取れてくるから
それを待とうということになりました。
切断をすれば尻尾の断面はきれいにはなりますが、、、
自然に取れるのを待つと皮膚が変なふうになったりすることもあるそうです。

まだまだ小さいので手術をするよりも
自然に任せて大丈夫ならそのほうがいいよね、と思い
抗生物質をもらって帰りました。

で、ちびちゃん、嫌がらずに薬を飲んでくれます。
おいちにあげたときはまったく飲んでくれなかったので
本当においちの子か?と疑問です笑

だんだん尻尾が取れそうな感じにはなってきました。
病院への道のりがかなりハードだったのでだいぶお疲れの様子。
ペレットも普通に食べますし、他の子と遊んだりしているので
このまま尻尾がぽろっと取れるのを待とうと思います。

ヒヤヒヤした一日でした。
デグーの尻尾は取れやすいので気を付けていたものの
今回のような事故が起きないよう、さらに注意していきます。

ちびちゃん、痛い思いさせてごめんね。



ちなみに、病院代は1000円でした。
病院行くまでの道のりのほうが高い。
どうしてもタクシー使わなければいけなかったので…
ちびは待合室のおばちゃんたちに人気でした笑
2015_05
14
(Thu)03:38

ケージを分けました

こんばんは。

最近るぅちゃんのストレスがかーなーり、きているらしく
ケージかじかじは止まらず、ちびたちを蹴飛ばす、エサ、おやつの横取りなどなど
凶暴な性格となってしまいました。
エサも横取りしていくせいで一人だけどんどん食べてどんどん太っていきます。

これはまずい。。。ということで、まだケージがないのでとりあえず
男子デグーたちをおいちケージへ移動させました。
そろそろ雌雄でわけないといけないですし。

おいちと仲良くやってくれるかな?と心配だったのですが
いいお父さんをしてくれているようです。
エサの横取りはしないですし、寝るときは一緒であたためてくれています。

るぅちゃんは面倒をみるちびが少し減ったおかげなのか
落ち着いて行動するようになったように感じます。

リラックスしておなかだして寝るようになってしまいました。笑

このまま父デグー、おいちと男の子が同居できるのであれば
そうなったらいいなあ。
血縁関係があれば大丈夫でしょうか。。。
男の子同士なので慎重にいかないといけませんね。

まだまだ小さいのでわからないですし
ちびたちが大きくなったら変わるかもしれないので。

まあ、でも今は仲良くやっているみたいなので
親子水入らずで生活してくれたらいいと思います。
2015_05
08
(Fri)01:03

ちびちゃんたちの日常。その2

こんばんは。

るぅちゃんとちびちゃんたちには同じようにえさを与えているのですが、
るぅちゃんがちびちゃんを蹴飛ばす蹴飛ばす。。。

なので、今は2階部分と1階部分で分けてるぅちゃん用とちびちゃん用でえさをあげています。
寝るときくらいにしかもう一緒にいませんね。
基本的に別行動です。

今日はおいちとちびちゃんたちを一緒に遊ばせてあげました。
が、おいちは助けてくれーーーって感じでこっちを見てました。笑

るぅちゃんもストレスMAXなのか、ケージかじりが3割増しな感じです。
まあ、まだまったく里親など引き取り先が決まっていないのですが。。。
本当はある程度決まっていたんですけどね。
ちびちゃんの一件でナシになってしまいました。

これに関しては本当に私の管理責任ですね。

あまり一緒にしていても今度は早期妊娠の問題があるので
早めに離してあげないと。。。

小動物っていうのは、本当に難しいですね。

昔のおいち写真集。



生後1か月未満かも。
07-12@19-37-40-285.jpg
07-12@20-16-22-328.jpg
07-12@20-16-35-769.jpg
07-12@20-11-11-107.jpg

今のちびちゃんたちと同じくらいのころかな。


なんだか毎日ふさぎ込んでしまいます。
切り替えていかないとだめなんですけどね。

2015_05
07
(Thu)00:22

赤ちゃんたちの日常

こんばんは。

亡くなったちびちゃんは近くの山に埋めてあげました。
いっぱいペレットとおやつを持たせてあげて。
あちらでいっぱい食べてくれるだろうか。
つまらせちゃったからもういらないかな。




現在、うちにいる赤ちゃんは6匹です。

アグーチ3匹、すべてオス
ブルー3匹、すべてメス

と、きれいに分かれました。
正直、まだ見分けはつかないのですが
アグーチは顔がつぶれていて人懐っこい子と
ブルーの体格が一回り小さい子、目が細い子は見分けがつきます。

今日は知り合いでデグーを飼ってみたいという方に家に来てもらっていました。
かわいいかわいい、と写真や動画を撮って、きぃちゃんと遊んだり撫でたりしてもらいました。

知っている方に飼っていただけたらこちらも安心です。

最近はブロッコリーの葉やマリーゴールドなどもあげています。
みんなよく食べてよく飲んでよく動いてよく寝ています。

赤ちゃんは、いるだけで本当に癒しになりますね。

明日もみんなで元気に暮らそう。


そういえば…
るうちゃんがビンのふたをあけるようになりました!
きつく閉めてあっても余裕であけちゃいます。
悪いこと覚えちゃったな。。。
デグーの賢さに改めて驚き。


2015_05
06
(Wed)03:15

るぅちゃんの出産、赤ちゃんのこと

こんばんは。

だいぶ前の話ですが、4月8日にるぅちゃんが出産しました。
ブルー4のアグーチ3で計7匹です。
初めて見た感想→血がすごい。。。

いや、ほんとにすごかったんです。

その後はるぅちゃんのお乳を飲みすくすく成長。
すぐ大きくなるんだなぁーと驚きました。
きぃちゃんもおいちもるぅもこうやって育ってきたんだなーと。

生後3週目くらいからは自分たちでペレットを食べるようになってきました。
まだおかーちゃーんって感じでるぅちゃんにはついていきますが、
自分たちでペレットを食べるし水も飲めるのでもう離して大丈夫だろう、と
先日、姉が飼うといったので引き渡しました。
最初は鳴いて鳴いて。。。でしたが、落ち着いたと思ったら
今度は聞こえてくる鳴き声がおかしい。

あわてて確認すると冷たくなったちびちゃん。
もしかして低体温症!?
気温的にはそこまで寒くはなかったはずですが、兄弟やるぅちゃんと離れて
体温調節ができなくなっていたのかもしれません。

カイロを持ち出してひと肌であっためてやると口をぱくぱくさせるように。
よーく見ると、口の中がなんだか茶色い。
もしかして、何かのどにつまらせたんじゃ?と思い
口を開いてみてみると、どうやらペレットが詰まっている様子。
もしやこれが原因か?と思い、つまようじやらで取り出してみるも、
どうやらもっともっと奥のほうでつまっているようで、これ以上は人の手では無理だと思いました。

また、GWということで普段ならやっている病院もどこもやっておらず
とにかく自分たちでできることをやろうと水を飲ませたり、のどをマッサージしてやったりしました。

それでも呼吸が整わず、息を吸おうと頑張るちびちゃん。
最後に大きく痙攣をして、その後まったく動かなくなりました。

生まれてそろそろ一か月というときでした。
やっぱりまだ離すには早かったのかな?
もう自分で食べられるからって、油断してしまったのかな。
それとも単純に低体温が原因なのか
ペレットを飲み込む元気がなかったのか
単純にペレットがつまっただけなのか
何が悪かったのかわかりません。

しかし、やはり母親や兄弟と離されたストレスは関係しているとは思います。
急ぎすぎました。
生後一か月でも妊娠したという話を聞いたので、それは避けたいという思いもありました。

どうしたらちびちゃんを助けられたんだろう。
GWじゃなかったら、もっと早く気付けていたら、一日でも遅く引き渡していたら、、、
いろんな思いがこみ上げます。

ただただ天国ではたくさん遊んで、食べることのできなかったペレットやおやつを
いっぱい食べていることを願うばかりです。

ごめんね、ちびちゃん。
_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1430628529435.jpg

まともな写真がなくてごめんなさい。
はっきりちびちゃんとわかるのはこれだけでした。
手前のブルーの子です。
あとはなくなる直前の写真しかありません。

もっともっと、写真を撮れるはずだったのに。
おいしいものもたくさん食べるはずだったのに。
いろんな人にかわいがってもらうはずだったのに。

ごめんなさい。

ちびちゃんの兄弟たちが健康に育って寿命をまっとうできるよう精一杯努力します。
もちろん、きぃちゃん、おいち、るぅ、そしてぷちも。
みんなが長生きできるよう

それまでちびちゃん、待っててね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。